三 郷 市 俳 句 連 盟
2014.10.28
第2回花と緑の三郷俳句大会
上田雅子

 平成26年10月26日(日)三郷市文化会館において「第2回花と緑の三郷俳句大会」が開かれ、昨年の第1回大会に続き今回も多数の皆様のご参加を戴きました。

あらかじめ文書でお送り頂く事前投句への応募が51名152句、会場にお越し戴き当日投句された方が32名63句、それぞれたくさんの力作をお寄せいただきました。

当日の投句は会場にて参加者全員による互選がおこなわれ、賑やかに盛り上がりました。

三郷俳句連盟会長、事務局長、役員による講評も和やかに進み、俳句のご縁でお集まりいただいた皆様と秋の一日を楽しみました。そして、また来年の大会でお会いする事を約して散会いたしました。

 事前投句最多得点 三郷市長賞  真つ白なもの干す八月十五日   吉田静子

当日句最多得点  三郷市長賞  天高し三千グラムのいのち抱く  小黒黎子 

 その他三郷市議会議長賞などたくさんの方々が受賞されました。

                                                                                                       
                                           < 応募句の部>


四八

四四

三六

一三四

一二九

八○

十一

九六

十三

応募番号

十四

得点

十位

九位

八位

七位

六位

三郷市俳句連盟会長賞

三郷市文化協会会長賞

三郷市教育長賞

三郷市議会議長賞

三郷市長賞

表 彰

眠る児を背負ひ輪に入る盆踊り

水打つて路地に小さき風生る

啼き継ぎし蜩杜を深くして

子守唄歌ふ人あり原爆忌

風鈴に昭和の音を拾いけり

耳遠き父の昼餉や蝉時雨

いつまでも夕日離さぬ葉鶏頭

つづれさせやわらかな夜が下りて来る

食卓はわたしの書斎夜の秋

真つ白なもの干す八月十五日

入 賞 俳 句

高橋敏惠

大塚そうび

大竹 仁

裄V笙子

松本泰代

升井尚子

小黒黎子

古市絵未

小野紗耶子

吉田静子

作 者

 ※選者

稲田眸子・田口 登・飯野亜矢子・石塚未知・石渡 清・上田雅子・高橋敏恵・御      沓一敏・村田文雄・吉田静子・山本祐二

※選句と入賞者選定にあたっての留意点

@20句(特選3句、入選17句)を選出した。特選は3点、入選は1点とし集計した。

A得点が同じ場合は応募番号の早い作品を上位とした。

B上位入賞作品の中で、同一作者が2句以上の場合は上位の1句のみを表彰対象とした。

                                                                                                         
                                               <当日句の部>

五十四

五十一

四十五

四十二

十五

五十五

十二

受付番号

得点

十位

九位

八位

七位

六位

三郷市俳句連盟会長賞

三郷市文化協会会長賞

三郷市教育長賞

三郷市議会議長賞

三郷市長賞

表 彰

曼珠沙華火の爪立てて誰掴む

籾殻のくすぶりとほし山暮るる

内定の輝く笑顔赤き羽根

行く秋や老いの楽しみ五七五

金木犀こぼれ出を待つ鼓笛隊

ひとり居に語らふごとく昼の虫

帰れない遠い日写すいわし雲

耳遠くなりたる父の夜長かな

共に揺れてんでに揺れて吾亦紅

天高し三千グラムのいのち抱く

入 賞 俳 句

石塚未知

吉田静子

村田文雄

駒崎秀雄

中田麻沙子

小野紗耶子

飯田登志子

上田雅子

斉藤満喜栄

小黒黎子

作 者

 ※選者 

当日大会参加者全員

※選句と入賞者選定にあたっての留意点

@5句選(互選)。入選は1点とし集計した。

A得点が同じ場合は受付番号の早い作品を上位とした。

B上位入賞作品の中で、同一作者が2句以上の場合は上位の1句のみを表彰対象とした。

 -1-